MENU

メンバーシップ MEMBERSHIP

利用規約

第1章総則


第1条(目的)
この規約は、株式会社エースプラットフォーム(以下「会社」)が提供する生態系造成プロジェクトと関連諸サービス(以下「サービス」)の利用条件及び手続きに関する当社と会員との間の権利義務と責任などその他の必要な事項を規定するを目的としています。
※インターネット、モバイルアプリケーションなどを利用する電子商取引、企業の生態系づくりのプロセスと共同体の構築プロセスの会員管理、教育などの役務を契約により委託を受けて会員にサービスを代行するビーズプラザにも、その性質に反しないない限り、この約款を準用します。

第2条(規約の明示、説明と改正) ①この約款の内容は、会社のサービスの会員登録に関連サイトに掲載したり、その他の方法でユーザーに通知し、利用者が会員として加入し、この規約に同意することにより効力が発生します。
②会社は、「約款の規制に関する法律」、「情報通信網利用促進及び情報保護等に関する法律」等の関連法を違反しない範囲でこの規約を改正することができます。
③会社が約款を改正する場合には、適用日及び改正理由を明示し、現行約款と共に会社のサイトの初期画面やポップアップ画面または掲示板にその適用日の7日前から適用日の前日まで公知します。
④会社が前項の規定により改正規約を公知通知し、会員に7日間の期間内に意思表示をしないとの意思表示が表明されたものとみなす旨を明確に告知または通知したにもかかわらず、会員が明示的に拒否の意思表示をしていない場合、会員が改正規約に同意したものとします。
⑤会員が改定約款の適用に同意しない、明示的意思を表明した場合、会社は、改訂規約の内容を適用することができず、この場合、会員は、利用契約を解約することができます。ただし、既存の規約を適用することができない特別な事情がある場合には、会社は、利用契約を解約することができます。


第3条(規約外準則)
この約款で定めない事項とこの約款の解釈に関しては、電子商取引などの消費者保護に関する法律、約款の規制等に関する法律、公正取引委員会が制定した電子商取引などの消費者保護指針及び関連法令の規定と一般商慣習を準用します。ただし、会社や会社の業務を委託管理するビーズプラザを介して提供されるサービスを通じて会員と取引所間の取引は、会員相互に行われた取引は、会社と会員相互間に行われた取引については、訪問販売等に関する法律、電子取引基本法は、消費者保護法など関連法令が優先的に適用され会員は、この規約の規定を聞い取引相手方に対して免責を主張することはできません。


第4条(用語の定義)
この規約で使用する用語の定義は次のとおりです。

1.会員:この規約を承認し、登録して会社とサービス利用契約を締結した者をいいます。
2.ユーザ名(ID):会員の識別とサービス利用のために会員が会社が承認した文字と数字の組み合わせに応じて設定したことを意味します。
3.ホームページ:会員会社のサービスを利用するようにするために、会社が提供する関連ウェブサイトを指します。
4.パスワード:会員の同一性の確認と会員情報の保護のために会員が会社が承認した文字と数字の組み合わせに応じて設定したことを意味します。
5.一般会員:プロジェクトに参加する目的で、電子財布をダウンロードした後、会社が無料で提供するA + coinを受領し、会社がオンラインで提供されるフォームに合わせて登録した会員を指します。
6.会員:A + coinを買収したり、会社が推進する生態系づくり活動と経済共同体の構築に参加の意思で自分が保有している一定量以上のA + coinを会社が発行した自分の保管用財布に最低6ヶ月または12ヶ月の間保管し引き出していない条件を受け入れることによって、会社がオンラインで提供されるフォームに合わせて登録したり、申請した会員を指します。
7.電子財布(e-wallet):以下「財布」とし、財布の管理(紛失/削除/毀損など)は、会員の責任です。
- 保管用:会社の生態系組成と経済共同体に参加した会員に提供される財布のいずれかの規定に基づいて、正会員が預託するA + coinを保持する目的で使用する財布を意味する。この財布に保管されたA + coinについて保管されたA + coinの量と期間に応じて最高月2%の配当(利息)が支給される。
- 決済用:生態系の組成と経済共同体の構築過程の寄与度と役割について会社が会員に提供するコミッション、ボーナスと会員が預託(保管)したA + coinの配当(利息)を受領する財布にA + coinの入出と決裁および自由な移転が可能な財布を意味する。
8.手数料:会社は、A + coinユーザー拡張のためにA + coin無償で分配し、一般会員の広報活動の成果について、会社の分配方針に基づいて手数料をA + coinに支給します。これとは別に同社は、正会員の資格を9段階で評価分類し、会員の貢献度や役割などの活動の成果に応じて追加の無償分配するA + coinを意味します。
9.ボーナス:会社が生態系と経済共同体の積極的な参加動機のために支給するA + coinを意味します。
10.配当(利息):正会員会社と約定保管しているA + coinの数と期間に応じて、毎月支給するA + coinを意味します。
11.自律取引:お支払いのための財布を介して会員と会員、会員と加盟店は、メンバーと取引所間のA + coinを移転する過程で、会社の参加なしに取引することを指します。ただし、会社が指定しておいた方法でのみ取引することができ、会員と会社が指定する加盟店の間の取引会社の参加があります。
12.ビーズプラザ:生態系組成コースと共同体の構築過程に参加する会員の活動環境の提供と管理、教育、などの役務を会社と業務委託契約により会員に会社の規定に基づいてサービスを代行するオンオフライン拠点をいう。


第2章サービス利用申請と承諾(会員登録及び脱退


第5条(利用契約の成立)
①利用者は、会社が定めた登録フォームに基づいて会員情報を記入した後、この規約に同意するという意思を表示することにより、会員登録を申請します。
②会員登録は、会社の承諾が会員に到達した時点とします。
③利用契約は会員ID単位で締結します。利用契約が成立されると、利用申込者は、会員として登録されます。
④実名ではないか、他人の情報を盗用して虚偽の登録した会員は、法的な保護を受けることができず、これによる民事、刑事上のすべての責任は加入した会員がなければします。
⑤満19歳未満の方は会社が提供する関連サービスの利用を禁止します。


第6条(利用申し込み)
①利用申請は、会社所定の加入申し込みフォームに必要事項を記録して申請します。
②法人団体などの単位の会員登録時に会員登録申請書の提出に加えて、会社が定める様式により別途の書類提出がさらに必要です。
③加入申請様式に記載するすべての会員情報は、実際のデータであるものとし、失明や実際の情報を入力していないユーザーは、法的な保護を受けることができず、会員の資格とサービス利用に制限を受けることができます。
④事実と異なる情報、虚偽の情報を記入したり、今後の間違いが明らかになった場合、会社はサービス利用を一時停止したり、永久停止と利用契約を解約することができます。これにより、会社または第三者に生じた損害は、会員がすべての責任を負います。
⑤会社は、会員に会社の関連サービスの多様で有益な情報をE-mail、手紙メール、電話などを通じて提供することができます。


第7条(会員情報の使用に対する同意)
①会社は、会員の個人情報を、本利用契約の履行と、本利用契約上のサービスを提供するための目的で利用します。
②会員が会社や企業と連携したサービスを便利に利用できるようにする目的で会員情報を会社と提携した企業に提供されることがあります。ただし、当社は、会員情報の提供前にパートナー、提供目的、提供する会員情報の内容等を事前に告知して会員の同意を得なければします。
③会社は会員の明示的な受信拒否の意思に反して提携したサービスの広告性情報を送信しません。ただし、会社は提携サービスの利用便宜のためにご利用案内や商品情報などのSMSとSMS URLを送信することができ、会員は望まない場合、会員登録脱退を介して情報を受信拒否をすることができます。
④会員は、会員情報の変更を介して、いつでも自分の個人情報の閲覧と修正を行うことができます。
⑤会員が利用申込書に会員情報を記載し、会社に本規約および個人情報の処理方針に同意することは、会社が本規約に基づいて利用申込書に記載された会員情報を収集、利用及び提供することに同意するものとみなされます。


第8条(利用申し込みの承諾)
①会社は、会員が会社所定の加入申し込み様式で要求するすべての事項を正確に記載して利用申請をした場合、会員登録を承諾することができます。ただし、第2項、第3項の場合は、会社は、承諾を留保するか、承諾を拒否することができます。
②会社は、次の各号のいずれかに該当する利用申請に対しては承諾を留保することができます。
1.設備に余裕がない場合
2.技術上支障がある場合
3.他の会社の都合上、利用承諾が困難な場合
③会社は、次の各号のいずれかに該当する利用申請に対してはこれを承諾しないことがあります。
1.名前が実名ではない場合
2.他の人の人を使用して申請した場合
3.利用申請時の内容を虚偽で記載して申請した場合
4.社会の安寧秩序または公序良俗を阻害する目的で申請した場合
5.他の会社が定めた利用申請要件が不備されたとき


第9条(利用契約の停止や解約)
①会員が利用契約を解約しようとするときには、会員本人もしくは法人会員の担当者が会社に解約申し込みをしなければします。
②会社は、会員が次の各号のいずれかに該当する行為をした場合の時間を定めてサービス利用または制限したり、利用契約を解約することができます。
1.他人のサービスIDとパスワードを盗用した場合
2.サービスの運営を故意に妨害した場合
3.登録した名前が実名ではない場合
4.公の秩序及び公序良俗に阻害される内容を故意に流布させた場合
5.会員が国益または社会的公益を阻害する目的でサービス利用を計画または実行する場合
6.他人の名誉を傷つけたり不利益を与える行為をした場合
7.サービスの安定的運営を妨害する目的で多量の情報を送信したり、広告性情報を送信する場合
8.情報通信設備の誤作動や情報などの破壊を誘発させる、コンピュータウイルスプログラムなどを流布する場合
9.他人の個人情報、利用者IDとパスワードで不正に使用している場合
10.会社のサービス情報を利用して得た情報を会社の事前承諾なしに複製または流通させたり商業的に利用する場合
11.会員が会社のホームページと掲示板にポルノを掲載したりエロサイトリンクする場合
12.同じユーザーが別のIDで二重登録をした場合
13.会社、他の会員または第三者の知的財産権を侵害した場合
14.放送通信審議委員会など外部機関の是正要求があるか不法選挙運動と関連して、選挙管理委員会の有権解釈を受けた場合
15.本規約を含む他の会社が定めた利用条件に違反した場合
16.長期間休眠加入者に対して通知する場合は、その通知期間内でもサービスの利用のために意思表現をしていない場合
17.利用者の個人情報を同意なしに、収集、保存、公開する場合
18.決裁用財布を通じて会員間のA + coinを売り枚数、または誘導したり代行、金銭を授受する場合
19.会社のサービス情報を介して得た情報で取引を誘導する場合
20.クローン、ハッキング仮想通貨、A + coinを財布に保管する場合
21.他の会社のサービスを改善するための会社の方針上避けられない場合
22.オペレータまたは管理者が利用不適合であると判断した場合
23.犯罪と結びつくと客観的に判断する行為
24.その他の関係法令に違反する行為
③会社は利用を制限しようとする場合には、その事由、日時及び期間を定めて、書面または電話、ホームページのメッセージ機能などの方法を利用して、当該会員または代理人に通知します。
④ただし、会社が緊急に利用を停止する必要があると認める場合には、前項の過程なしサービス利用を制限することができます。
⑤サービス利用停止を通知を受けた会員またはその代理人は、利用停止に対して異議がある場合、異議申立をすることができます。
⑥会社は利用停止期間中にその利用停止事由が解消されたことが確認された場合に限って利用停止措置を直ちに解除します。
⑦会社がサービス利用を停止または制限した後、同じ行為が2回以上繰り返されたり30日以内にその事由が是正されない場合、または第2項の違反行為がある場合には、会社は利用契約を解約することができます。
⑧会社が利用契約を解約する場合には、会員登録を抹消します。同社はこの場合、会員にこれを通知し、会員登録抹消7日前までに釈明する機会を与えます。


第10条(投稿の管理)
①会員は、個人情報の変更画面を介して、いつでも本人の個人情報を閲覧して変更することができます。ただし、サービス管理のために必要な失明、ユーザ名などは修正が不可能です。
②会員は、会員登録申請時に記載した事項が変更された場合は、オンラインでの変更をしたり、電子メールその他の方法で会社に対して、その変更を通知します。ただしオススメの変更、権利の譲渡、設定などはできません。
③第2項の変更を会社に通知なく発生した不利益に対して会社は責任を負いません。


第3章会員の義務


第11条(会員のIDとパスワードの管理のために会員の義務)
①ユーザ名とパスワードに関するすべての管理責任は会員にあります。会員に付与されたユーザ名とパスワードの管理不十分、不正使用によって発生するすべての結果に対する責任は会員にあります。
②会員は自分の持ち不正に使用された事実を知ることになる場合は、必ず会社にその事実を通知し、会社の案内に従ってください。
③第2項の場合には、会員が会社にその事実を通知していなかったり、通知した場合にも、会社の案内に従わない発生した不利益に対して会社は責任を負いません。


第12条(情報の提供)
①会社は、会員がサービス利用中必要があると認められる次の各号のいずれかのようなサービスの情報について電子メールや手紙メールなどの方法で会員に提供することができ、会員は望ましくない場合加入申請メニューと会員情報の変更メニューから情報を受信拒否をすることができます。
1.会員自身の財布にA + coinを保管、お支払い、移転するなどの関連サービス
2.イベント、プロモーションやイベント関連などのサービス
3.他の会社が頻繁に決定して会員に提供するサービス


第4章サービス利用総則


第13条(サービスの種類)
①会社が提供するサービスには、仮想通貨取引(売り関連して、枚数関連して、相場情報検索関連サービス)サービス、電子商取引やアフィリエイトや加盟店の情報と利用方法、生態系組成と経済共同体の構築現況関連などがあります。
②会社が提供するサービスの種類は、会社の都合により随時変更されることがあります。


第14条(サービス内容のお知らせと変更)
①会社はサービスの種類に応じて、各サービスの特性、手順、および方法に関する事項をサービス画面を通じて公知であり、会員は、会社が公示した各サービスに関する事項を理解し、サービスを利用してください。
②会社は、サービスの内容が変更される場合には、会員の登録された電子メールアドレス、文字やお知らせページを介して会員に通知することができ、会員が公知内容を照会していない被った損害に対しては責任を負いません。


第15条(サービスの維持と停止)
①サービスの利用は、企業の業務上または技術上特別な支障がない限り年中無休、1日24時間を原則とします。ただし、定期点検などの必要とする企業が定めた日や時間はその限りではありません。
②会社は、サービスを一定の範囲に分割し、各範囲別に利用可能時間を別途定めることができます。この場合、その内容を事前に告知します。
③会社は、次の各号のいずれかに該当する場合、サービスの提供を停止することができます。
1.サービス用設備の補修など工事によるやむを得ない場合
2.電気通信事業法に規定された期間の通信事業者が電気通信サービスを中止した場合
3.会社が直接提供するサービスではなく、パートナーなどの第三者利用して提供するサービスの場合、パートナーなどの第3者がサービスを停止した場合
4.その他の不可抗力的な事由がある場合
④会社は国家非常事態、停電、サービス設備の障害またはサービス利用の暴走などで正常なサービス利用に支障があるときは、サービスの全部または一部を制限したり、停止することができます。


第5章仮想通貨取引関連サービスの利用


第16条(A + coinの保管/お支払い、移転等)
①会社が提供するサービスを通じてA + coinを買収、保管、以前しようとする会員は、会社が提供する登録フォームと方法に従ってください。
②付加サービスの利用
会員は、会社が提供する付加サービスを選択することができます。付加サービスの具体的な内容については、会社が別に定めるところによります。
③情報の修正
1.会員のA + coinの関連情報は、寄与度や活動の成果で会社が提供したコミッションとボーナス、保管したA + coinについて支給する利子。分配ステップ3で会員の保有量と期間に応じて、会員にPOS system自動的採掘分配されるA + coinの数量などが会社の電算によって自動的に整理されて会員の決裁用財布に支給され内訳はWebとAPPにサービスされており、これに関連する情報は、変更することができません。
2.会員が自分の保管用財布に保管しているA + coinの量と期間は、会員の恣意的選択による会社と会員間の契約のによるものですので、いかなる場合でもキャンセルは不可能であり、期間の延長や数量の追加のみが可能です。
3.会員が決済用財布を介してサービスを選択して実行した場合、削除、またはキャンセルができません。
④手数料以外の収入:会員が保管用財布ではなく、決済用の財布を使用して、会社のサービスを利用する過程で、会社が取得することになる利子収入は、サービスを提供する対価としての性質を持ち、会員はこれに対する返還を請求することができません。


第17条(取引サービス利用制限)
区分 停止事由 解除条件 停止効力
サービス制限
(ログイン外サービス利用不可)
- 人の(連絡先)未確認
- ハッキング/詐欺などの事故が発生
- 事故会員の関係者(連絡先、および個人情報と一致)
- 決済セキュリティ連続エラー
- 退会申請
- 日間、毎月取引の利用が過度の場合
- 利用者が同一人物と判断された場合
- その他:管理者の判断(通常サービス進行に深刻な障害誘発時)
- 停止の理由解決
- 管理者の判断
- ログイン以外の取引は、
充填、決裁不可
ログイン制限 - パスワードの連続エラー
- ハッキング/詐欺事故発生
- なりすましに疑われる場合
- その他:管理者の判断
- 停止の理由解決
- 管理者の判断
ログイン不可
いくつかのサービスの制限
(財布の利用制限)
管理者の判断に基づいて、特定のサービス以外の
利用には問題がないと判断される
場合の部分制限的に処理することができている
- 停止の理由解決
- 管理者の判断
特定のサービス利用不可


第18条(サービス利用制限のお知らせと解除)
①第17条の場合に該当する場合、会社は、その内容を会員に電子メール、テキストメッセージなどの方法を介して通知します。
②会社は、会員資格が停止されたメンバーにも該当会員が取引を拒否するしかない理由を疎明したり、取引相手との合意があったことを証明する場合などには、その会員の資格など諸般の事情を勘案して、拒否回数の全部または一部を差し引くことにより、会員資格停止措置を解消することができます。
③会員のサービス利用形態が上を外と判断された場合、会社は会員の当該サービスの一部停止またはサービス全体の利用を停止することができます
④停止事由が重複発生時には、すべてのサービスの利用を停止し、解除条件を満たした場合に限り、解除処理することができます。


第6章サービス利用料


第19条(決済用財布を通じた取引に関連するサービス手数料)2018-01-04
①会社は、会員にWebとAppを通じたサービスを提供する対価と会員間の取引と引き換えに料金を請求します。手数料は、会社の状況に応じて変更されることがあります。
②会社は、新しいサービスと交換またはその他の会社がサービスを提供することができない事由が発生した場合、提供されるサービスを中断することができます。


第20条(ポイント)
①ポイントと会社が会員の生態系づくり活動を支援して積極的な参加動機を誘発するための手数料とは別に、会員の活動を奨励するために追加のボーナスを支給するための根拠、すなわち会員の寄与度と役割を評価する基準に使用します。
②ポイントはボーナスを支給するとともに、消滅され、管理は、会社の権限です。
③会社は、イベントなどで会員に任意にポイントを付与することができます。
④会社の事情により、第3項によって付与されたポイントの適用がキャンセルされることがあります。
⑤第18条等の場合、会社は会員のポイントを回収します。
⑥ポイントは、A + coinで交換または取引されることがありません。


第7章個人情報保護


第21条(会員情報の使用に対する同意)
①会員の個人情報については、会社の個人情報保護ポリシーが適用されます。会員が利用申込書に会員情報を記載し、本規約および個人情報の処理方針に同意することは、会社が利用申込書に記載された会員情報を収集、利用及び提供することに同意するものとみなされます。会員情報の管理責任者は、会社が定めるオペレータです。
②会員が会社や企業と連携したサービスを便利かつ便利に利用できるようにするために、企業は、本契約に定められた手順に従って会員情報を利用したり、会社と提携した企業に提供することができます。ただし、同社は電気通信基本法などの法律の規定により国家機関の要求がある場合には、犯罪に対する捜査上の目的があったり、情報通信倫理委員会の要請がある場合、またはその他の関係法令で定めた手続きによる要請がある場合を除いては、いつもパートナー、提供目的、提供する会員情報の内容などを事前に告知して会員の同意を得た場合に限り、会員の情報を第三者に開示したり、配布します。ただし、以前、決済などの取引正常成立されて、双方の当事者間で取引に関連する相互情報を交換する場合には、本条の制限が適用されません。
③利用申込者または会員が利用申請時に記載した個人情報が変更された場合には、すぐにオペレータまたは会員情報変更の窓を通して関連事項を変更しなければします。ただし、会員IDと名前などは変更することができません。
④前項の場合には、変更していない情報による各種損害は、当該会員が負担し、会社はこれに対して一切の責任を負いません。
⑤会員の利用契約になる第9条適用され、利用契約が解約された場合、会員の個人情報は、電子商取引などの消費者保護に関する法律など関係法令に規定され資料を保管し後は削除します。
⑥会社は、個人情報を破棄しなければならない義務がある場合であっても商法など関係法令の規定によって保存する必要がある場合には、関係法令で定めた期間会員の個人情報を保管します。
⑦会員が提供した個人情報は、会員の同意なしに目的外の利用に提供することができません。ただし、次の各号の場合は例外とします。
1.代金決済と手数料の請求のために支払う代理店に個人情報を提供する場合
2.法律的証拠資料として捜査機関等に提供する場合(法的な手続きに基づいて提供することができます。)


第8章損害賠償と免責事項


第22条(損害賠償)
会社は、本規約で規定した会社が提供するすべてのサービスを外れた会員の行為を通じて発生した一切の事故については責任を負いず、過失により生じた紛争について責任を負いません。会社の関連会社で発生した被害は、アフィリエイトの規約に準し、アフィリエイトと会員との間に紛争を解決することを原則とします。


第23条(免責事項)
①会社は、次の各号のいずれかに該当する場合には、責任を負いません。
1.展示会、事変、天災またはこれに準ずる国家非常事態などの不可抗力的な場合
2.利用者の故意または過失によって損害が発生した場合
3.電気通信事業法による他の基幹通信事業者が提供する電気通信サービスの障害に起因する場合
②会社は、利用者の責に帰すべき事由によるサービス利用の障害に対して責任を負いません。
③会社は会員のサービス利用過程で発生する名誉毀損その他の違法行為による各種民事・刑事上の責任について責任を負いません。
④会社は利用者の投稿または送信した資料の内容に関しては責任を負いません。
⑤会社は取引所、仮想通貨の発行管理システム、通信サービスプロバイダのサービス不良や会社が公知するか、定期的にサーバー点検時間により配信に不具合が発生した場合は、責任を負いません。
⑥会社に自分の財布に保管したもので登録されたA + coinは、会員が会社が定めた条件を受け入れ、前のが不可能な自分の保管用財布に自分の意志で登録、保管したもので、会社は会員の登録内容と行為について一切の責任を負いません。


第24条(代理および保証の否認)
①会社は、会員を代理する権限を持っていないし、会社のいかなる行為も代理行為とみなされません。
②会社は、会社が提供するサービスを通じて行われる会員間のA + coinの取引に関連して、実際におよび信用性、適法性について保証しません。会社のいかなる行為もメンバーの代理行為とみなされません。
③会社は、会社にリンクされたサイトが扱う商品又は役務について保証責任を負いません。会社と会社に接続されたサイトは、独自に運営されており、会社は、会社リンクサイトと会員間に行われた取引について、一切責任を負いません。
第24条(代理および保証の否認)
①会社の料金体系などのサービス利用と関連して紛争が発生した場合は、会社の本社所在地を管轄する裁判所を管轄裁判所とし、これを解決します。
②サービス利用と関連して、会社と会員との間の訴訟には大韓民国の法律を適用します。


附則
①この規約は、2017年12月1日から適用されます。
②2017年9月1日から施行れた従前の規約は、本規約に置き換えます。



Copyright (c) 2017 Aceplatform.Inc. All Rights Reserved.

利用規約 / 個人情報の収集に同意 / 個人情報の収集利用同意 / 個人情報の処理方針
Scroll To Top